2020年 06月25日 14時12分 配信

学生アスリートが”健康で幸せに”プレーするための取り組み!

教育 学校スポーツ 学内連携 学生サポート

【学校スポーツにおける学内連携の事例】

「筑波大学アスリートメンタルサポートルーム」との、学生アスリートが”健康で幸せに”プレーするための取り組み!

秋リーグを控えた学生アスリートに向けて、日常、スポーツ場面のストレスへの対処を目指す「マインドフルネストレーニングプログラム」を開催しました。

8月、9月に、筑波大学アスリートメンタルサポートルームの雨宮助教と共に「マインドフルネストレーニングプログラム」を開催しました。初回のプログラムには、20人を超える学生アスリートが参加、全5回のトレーニングセッションを通して、「マインドフルネストレーニング」について学び、実践を行いました。

image

マインドフルネストレーニングは、自己を客観的に観る能力を高め、日常やスポーツ場面で直面するストレスに適切に対処できるようになることを目指します。GoogleやAppleはじめ企業の人材育成の場面、また世界で活躍する一流アスリートが導入している新しいメンタルトレーニングの手法です。

筑波大学アスレチックデパートメントでは、本年度より新型コロナウイルス感染拡大に伴う、学生アスリートのストレスチェックを皮切りに、筑波大学アスリートメンタルサポートルームとの連携を強めています。

日常だけでなく、スポーツ場面でも様々なストレスがかかる学生アスリートにとって、心理面のサポートを行うことは、極めて重要な取り組みになります。そして、身体面だけでなく、心理面を正しくトレーニングすることで、学生はより健全に成長していくことができるのです。

引き続き大学教育として学内の各組織との積極的な連携を進めてまいります。

GoTsukuba